研究計画書対面指導(+1回の事後チェック指導つき)

 研究計画書の提出が迫っているが,なかなか書けなくて困っている,あるいは,何とか書いてはみたものの,これでよいのかどうか不安だ,という方のために,対面指導(または、電話指導・Skype指導)と1回のメールによる事後指導を行います。対面指導は計画書1000字あたり40分、事後のメール指導はh2>対面指導当日中に提出→翌日中に返信となります。その他、指導条件は以下のとおりとなります。

指導条件等

  • 対面指導・電話指導・Skype指導(1000字当たり40分)+事後のメールによるチェック指導(当日提出→翌日返信)
  • 指導料:1000字あたり12,000円
  • 対面指導場所:東京都台東区浅草近辺(喫茶店・ファミリーレストラン等での指導となります。ドリンクは指導料に含みます)
  • 指導対応日:原則として土曜・日曜・祝日(ご相談により平日も対応可)

指導の流れ

  1. まずはメール(件名は「研究計画書対面指導希望」としてください)で,以下の事項をご連絡ください。
    • お名前
    • 出願先大学院(研究科・専攻まで)
    • 提出期限
    • 募集要項指定の記述分量
    • 指導希望日・時間・指導形式(対面・メール・Skype)
    • 緊急連絡先(携帯メール・携帯電話番号など、すぐに連絡のつく連絡先)
  2. こちらから折り返し,対応の可否・指導可能な日時等をご連絡します。
  3. 日時の希望がうまく合う場合には,お申込の意思をメールでご連絡ください。
  4. 折り返し,指導料のお支払についてご案内します。指導希望日の前営業日までに、こちらで確認できるようにお振込みください。
  5. お振込みが済みましたら,その旨ご連絡ください。折り返し,指導の日時について確認メールをお送りします。このメールに,事前に読んでおいていただきたい資料を添付しますので,指導までに読んでおいてください。
  6. 当日,指定の場所に,作成途中の原稿を印刷したものをお持ちになってお越しください。
  7. 指導当日中に,指導内容を踏まえて原稿を修正し,メールでご提出ください。翌日中に指導結果を返信します。

注意事項等

  1. 指導料お支払後のキャンセル・日時変更は一切できません。また,お申込確定後の無断キャンセルについては,以降院試塾の指導がご利用いただけなくなります。十分確認の上お申し込みください。
  2. 開始時間に遅れて来られた場合でも,予定終了時間で終了となります。
  3. 事後指導の原稿は必ず指導当日中にご提出ください。当日の23時59分を過ぎたものについては,事後指導の権利を放棄されたものと見なします。