大学院入試

May 25, 2018

文章の要約―論理構造にしっかり注目する

 大学入試でも要約問題は出題されているが,大学院入試においても,小論文や英語で要約問題が出題されている場合がある。この要約問題が苦手だという人が実は多いのだが,そのような人は文章を読んだときの「印象」だけで,大切だと思える部分をただつなげて要約を作っているのではないかと思う。
 しかし,文章というものには必ず論理構造が存在する。要約はその論理構造を適切に反映したものでなければならない。たとえば,あることがらの概要を説明したうえで,それに関連する問題点が2つ示されている,という論理構造の文章を要約するのであれば,結果としてえられる要約文はこの論理構造を明確に反映するもので泣けばならない。
 この際に注目すべきであるのが,文章の論理構造を示す「談話標識」(discourse markers)と呼ばれるものである。これにはたとえばfor example / thereforeなどの論理的接続表現に加えて,the first [second / third] reason is that ...のようなものも含まれる。英語の文章では決まったものを用いることが多いが,日本語の文章はこの点でより「自由度」が高いように思われる。たとえばある大学院の小論文問題では,コミュニケーションにおいては話し手と聞き手とが「共通の基盤」を共有することが大切であると説明したうえで,「コミュニケーションにおいて第一に念頭におくべきは,…」として第1の問題点を説明し,それに続いて数段落あとで「共通の基盤に関して考える際に注意すべきことがもう一つある。」として第2の問題点を説明する,という構造になっている。上で挙げた2つの導入表現だけを見ていると,1つのことがらについての2つの問題点がこれらによって対比的に述べられている,という論理構造は明確に読みとれないかもしれない。しかし,第2の導入の「もう一つ」を読んだときに,この前に出てきている「一つ」は何であろうかと自問したときに,最初の導入表現に思いいたるわけである。
 この読解の結果から要約文を作成するとなると,まずは最初の共通の基盤の大切さに関する説明内容を簡潔にまとめて提示したうえで,「この点で注意すべき点が2つある」として,その後「その1つは…」「もう1つは…」という形でそれぞれの注意点を述べるのか適切であろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2018

放送大学大学院修士全科生入試の英語試験のための準備学習

 YouTubeのinshijukuチャンネルで公開している動画講義「放送大学大学院入試」でも述べているとおり,放送大学大学院修士全科生入試の筆記試験は毎年10月上旬に行われる。つまり,今から準備学習に使うことのできるのは6か月弱ということになる。臨床心理学,自然環境科学,情報学以外のプログラムでは,筆記試験問題に英語問題が含まれる。試験問題は放送大学公式ウェブサイトで公開されているので,英語が出題されるプログラムを受験予定の人は今すぐに確認するのがよいだろう(ただし,著作権の関係上,本文が公開されていない問題もある)。院試塾に寄せられる受講相談では,英語の基礎力不足を感じており,苦手意識もあるので英語試験が不安だ,という声をよく聞く。そのような人は今すぐに準備を始めるのが適切だ。院試塾では筆記試験問題に英語が含まれるプログラムを受験する方を対象とする「放送大学大学院トータルサポートパック」を設置しており,このパックに含まれる「大学院入試英語入門プログラム」の標準学習期間は4か月である。この講座を標準の4か月で修了して過去問題演習にとりくむのに十分な実力を身につけようとするならばかなりがんばってもらわないといけない。その後過去問題で演習をしてさらに実力養成にとりくむのがよいだろう。すでに述べたとおり,このように学習を進めていくためには6か月程度の時間が必要で,10月上旬に筆記試験が行われることを考えれば,英語力に不安がある人は今すぐに学習をはじめるべきなのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2018

目標達成と自己成就予言

 心理学の用語に「自己成就予言」というのがある。思いこみやうそなどの根拠のない予言でも,人々がそれを信じた行動をとることで予言の内容が現実になる,というもので,よくある例として銀行の取りつけ騒ぎが挙げられる。つまり,ある銀行が倒産するという根拠のないうわさを聞いた人々がその銀行から預金を引き出すと,結果としてその銀行が倒産してしまう,というものである。大学院入試の指導をしていると,目標を達成できるかどうかもこの自己成就予言のようなものではないか,と感じてしまう。つまり,「自分にはできる」と思っている人は目標を達成するし,「自分にはできない」と思っている人は目標を達成できないのである。
 世の中には「不安【だから】やらない」という人と,「不安【だけど】やる」という2種類の考えかたがある。目標を設定するのはもちろん後者である。ところが実際に見ていると,前者の考えで行動している人が実に多い。そういう人はそもそも成功につながる行動を起こさないので,成功することはありえないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2018

放送大学大学院入試―安易に考えてはいないか?

 すでにこのブログでも解説しているが,放送大学大学院に修士号取得を目指す修士全科生として入学するためには入試がある。まずはこの点をしっかり認識しておく必要がある。というのも,放送大学の教養学部は資格条件を満たしていれば誰でも入学可能なので,大学院も同じだと考えている人が多いようだからだ。
 さて,この入試であるが,一部のプログラムを除いては筆記試験に英語が含まれている。まずは公式サイトの過去問題を見て確認してほしい。院試塾の過去の指導経験から言っても,基礎からの学習が必要な人が多い。院試塾の「放送大学大学院トータルサポートパック」では,このような人が多いと想定して,高校英語レベルの読解文法から学習する「英文読解スーパーベーシックゼミ」に「大学院入試英語基礎講義」をセットにした「大学院入試英語入門プログラム」を英語講座としてセットにしている。過去問題の指導については別途,「放送大学大学院入試英語演習」で対応しているが,過去問題を確認してみるとわかるように,著作権の関係で本文が非公開とされているものも多く,注意が必要である。
 英語以外の筆記試験は小論文形式のものが多い。小論文だからと安易に考えている人が多いようだが,多くの人は小論文のきちんとした書きかたを知らない。ただ知識があれば書けると考えている人があまりに多いのである。院試塾では「大学院入試小論文指導」で大学院入試の小論文指導を行っているが,最初の段階でかなり苦労する人が多い。上述の「放送大学大学院トータルサポートパック」には,過去問題から最新の2年分の指導が含まれている。
 また,出願の際に提出が求められる研究計画書・志望理由書で苦労する人も多い。おそらく,「研究」について真剣に考えるのははじめて,という人が多いのであろう。ところが「研究計画書」は「研究」の「計画」を書くものであるから,「研究」とはどのようなものであるかは当然理解できていなければならない。つまり,研究そのものについて学ぶことからはじめる必要があるのだ。この学習にはまず,専門分野の概説書を読み,当該分野でどのような研究が行われているかを把握し,概説書で紹介されている専門的研究を選んで読みすすめていかなければならないのである。それなりに時間と労力をかける必要がある。
 また,志望理由書を書くためには,自分が大学院でどのような研究をしたいのか,また,それは大学院修了後にどのような自分になっていたいのかを十分に考え,そのために大学院在学中にどのようなことを身につけなければならないかを正確に検討したうえで,そのために必要な大学院の資源(特に所属教員と開設授業)を見きわめる必要があるのだ。
 このように,放送大学大学院入試に出願して首尾よく合格するためには,多くのハードルを越えなければならない。相当の時間と手間をかける必要がある。安易に考えていてはいけないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2018

早稲田大学日本語教育研究科

 院試塾で過去に複数の合格者が出ており,志望大学院別の指導を設置している大学院の1つに,早稲田大学日本語教育研究科がある。この大学院の対応指導は「早稲田大学日本語教育研究科提出書類作成指導」で行っている。対象書類は研究計画書(2000字程度)と志望動機に関する作文(1000字程度)である。
 早稲田大学日本語教育研究科にかぎらず,日本語教育関係の大学院全般について言えることなのであるが,現職の日本語教員で大学院進学を目指す人の多くが,仕事を続けていくうえで,あるいはキャリアアップのために修士号が必要だから,という理由で目指しているようである。現実はそうであっても,この考えかたでは合格できる水準の研究計画書や志望動機作文を書きあげることは難しいであろうし,実際,日本語教育関係の大学院進学を目指す現職教員の多くがこの問題に直面する。大学院では学問研究をすることが前提となるからである。
 そこでまずは,志望動機作文を書くことから考えてみよう。ここも誤解している人が多いのだが,「志望動機」とは,志望大学院での研究・学習を希望する直接的な理由である。この中心となる構成要素は所属教員と開設授業である。つまり,この先生の指導を受けて研究したい,この授業でこのようなことを学びたい,という理由を述べるのが適切なのである。
 研究計画書もこの線で考えていくのがよいであろう。すなわち,指導希望教員の研究内容や著作の内容をよく調べたうえで,「この先生のもとで研究をするとしたらどんなテーマで研究しようか」と考えるわけである。また,研究計画書の内容を考えるうえでは必ず先行研究が問題になるが,これもその教員の著作を中心に,そこに挙がっている参考文献を順に探索していくのが適切なのである。
 上記の書類などを提出して出願するわけだが,国外から出願する場合(日本人も含む)には「国外課題」および「ビデオプレゼンテーション」の提出が必要となる。国外課題は2000字程度1題と1000字程度3題の計4題で,筆記試験の小論文問題のような内容が出題される。また,ビデオプレゼンテーションは10~20分程度で志望動機・研究計画を志願者本人が説明するようすを上半身が映る状態で録画したものをCD-RあるいはDVDに記録して提出する。院試塾では,国外課題については「大学院入試小論文指導」で,ビデオプレゼンテーションについては口頭試問・プレゼンテーション指導」で対応している。
 また,国内から出願する場合には,筆記試験が課される。この問題も公式サイトで公開されているが,「日本語教師の『専門性』をどのようにとらえるか,あなたの考えを述べなさい」のような小論文形式の出題である。
 早稲田大学日本語教育研究科の次の出願は4月上旬である。この時期の出願を考えている人はそろそろ準備にかかるべき時期だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2018

大学院入試英語の学習に必要な期間

 脅すようなマーケティングは好みではないし,勉強は脅されてするものではないとも考えているので,あまりこういうことは言いたくないのだが,甘く考えて失敗する人があまりに多いのであえて言いたいと思う。大学院入試英語の学習には,かなりの期間が必要である。特に基礎レベルから学習を開始する場合,10か月~1年間程度は見こんでおいたほうがよいのではないかと思う。ところが,3か月くらいでなんとかなると考えている人があまりに多いようで,このギャップが原因で大学院入試に失敗してしまう人が多いのである。
 院試塾の大学院入試英語講座でもっとも基本的なレベルから学習を開始するのが「英文読解スーパーベーシックゼミ」である。内容としては高校英語レベルの読解文法の学習を単文レベルで行うものなのだが,これでも苦労する人がけっこう多く,標準学習期間の2か月で修了できる人はそう多くない。
 これに続く講座は,数行の大学院入試英文に,紙上講義を読んだうえでとりくむ「大学院入試英語基礎講義」なのだが,ここの移行にもけっこう苦労する人が多い。「英文読解スーパーベーシックゼミ」の内容が確実に身についていないと,この講座の内容をこなしていくのは難しい。ただ漫然と学習を進めるだけでは不十分なのである。このように,英文読解は知識を身につけてもそれを実際の英文に対して正確に運用できるようになるのにはそれなりの「定着期間」が必要になる。知識を身につけたらそれでOK,とはならないのである。なお,この「大学院入試英語基礎講義」の標準学習期間も2か月で,つまり「英文読解スーパーベーシックゼミ」から4か月はかかると見こんでおくべきなのである。
 これ以降は志望系列によって進むべき講座が異なるが,院試塾で設定しているパック・プログラムを紹介すると,たとえば志望系列を限定しない「大学院英語基礎力養成プログラム」,「心理学英語スターターパック」「基礎からのメディカル英語パック」のいずれもここから標準学習期間6か月の講座を組みあわせている。つまり,「英文読解スーパーベーシックゼミ」からはじめて、順調に進んだ場合でも10か月の期間が必要ということなのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2018

大学院入試の小論文―構成の手がかりは設問のなかにある

 大学院入試の小論文について,きちんとわからないままあちこちで言われていることに振り回されている人をよく目にする。しかし,「問いに対して学問的な議論のしかたで正確に答える」という基本をきちんとふまえていれば,倉庫まったり迷ったりはしなくてよいのである。筆記試験日が近づいている神戸大学MBAの平成29年度入試の問題を題材に考えてみよう。設問指示は以下のようになっている。


本格的にAIとIoTの時代を迎えるにあたり、現代の企業と働く側の個人が抱える課題と,それらに対して考えられる必要な対策や戦略について,①企業視点,②従業員視点,③国の視点から具体的に議論してください。その際,各自が重要だと考える記事内でのキーワードをいくつか用いてください。なお,特定の企業や業界を念頭に議論しても構いませんがも事例紹介に終始しないようご留意ください。(900文字以内)

この設問に答えるために適切な構成は,2段落にするのが望ましいであろう。なぜなら,問いの内容は大きく2つであり,小論文で適切な段落な長さは400字前後とされているので,全体が900字であれば2段落にすれば1段落平均450字ということになるからだ。
 それぞれの段落では次のような内容を扱うことになる。すなわち,第1段落では「現代の企業と働く側の個人が抱える課題」を,第2段落では「それらに対して考えられる必要な対策や戦略」を述べるのである。それぞれの段落はトピックセンテンス,つまり,段落全体で述べる内容を簡潔にまとめた「表札」の役割をする文ではじめるのが適切である。たとえば第1段落の書き出しの文は「AIとIoTの時代に向けての現代の企業が抱える課題は~であり,個人が抱える課題は…て゜ある」とするのがよいであろう。この文に続けて,企業の課題と個人の課題をそれぞれより詳細に論じていくことになる。
 第2段落では「それらに対して考えられる必要な対策や戦略」を「①企業視点、②従業員視点、③国の視点」で論じていくことになる。この際に気をつけなければならないのは,自分が思いつく内容によって3つの視点の記述分量に大きな偏りが生じないようにすることである。すなわち,3項目をできるかぎり同じ分量で説明するように考えることが大切なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2017

「できない」ということばの呪力

 大学院入試の研究計画書や英語の指導などで,受講生から「これ以上はできない」と言われることがある。もういっぱいいっぱいなのでこれ以上無理なことは言わないでほしい,ということなのだろう。そのように言われたあとは,もちろんぼくからのその人に対する要求水準は下がる。つまり,その人にできなそうなことは指示したり指摘したりしなくなるのだ。これで安心してしまう人もいるわけだが,注意しなければならないのは,下がったのはぼくのその人に対する要求水準だけであって,現実世界の要求水準,つまり大学院入試でクリアすべき水準は一向に下がっていない点である。ところが本人はすっかり安心してしまって,その後の入試にもあまりよくない影響が出てしまうのである。「できない」ということばは単なる自己暗示をこえて,まさに「呪いの言葉」なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2017

大学院入試の情報収集―「確証バイアス」に気をつけよう

 大学院入試に関する相談などに対応していると,何とも安易に考えている人が多いのに驚く。しかもその安易な考えを固く信じているようなのである。インターネット上の体験談などを読む際にはぜひ,心理学で言う「ハイライト」確証バイアス」に注意してほしいものである。「確証バイアス」とは,ごく簡単に言うなら,自分の考えに合う証拠だけに目が向きがちな傾向のことである。ここでの状況に即して言うなら,安易な考えをもっている人はその安易な考えに合う証拠だけに目を向けて,しかもそれが個人の直接体験にもとづいているというので信じこんでしまうというわけである。ぼくはそのような安易な考えを捨ててほしいから相談などでもそのように対応するのだが,そうするとその安易な考えをもっている人は,ぼくがまるで自分の商売のために危機感を煽って「脅して」いると感じて敵意をむき出しにしてきたりもする。冷静な判断ができなくなっているのだからそれ以上相手にしてもしかたないし,ぼくはそこで対応を打ちきるわけだが,おそらくそういう人はぼく以外の周囲の人間にも同じように対応しているであろうから,確証バイアスが修正される可能性はなくなってしまうのである。何とも愚かな話だと思うのだが,そのような考えをもつ人はかたくなで,専門家であろうとも自分の考えに合わない人の話は聞こうとしないから,しかたないと思って放っておくことにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2017

大学院入試を機会に役に立たない習慣をunlearnしよう!

 unlearnという英単語があるのをご存じだろうか。このあたりがぼくのもともとの専門なので少し解説しておくと,接頭辞un-には2種類あって,1つはたとえばun-importantのように形容詞につくもので,これは「重要な」→「重要でない」のように否定を表す。もう1つは動詞につくものでもとの動詞と逆の動作を表す。例としてはtie「結ぶ」→un-tie「ほどく」あたりが適切だろう。unlearnのun-も後者で,「身につける」の逆だから「忘れる」ということになるが,ただ忘れてしまうのではなく,意図的に記憶から捨てるのである。COBUILDではIf you unlearn something that you have learned, you try to forget it or ignore it, often because it is wrong or it is having a bad influence on you.「身につけた何かをunlearnするとは,それを忘れたり捨てさったりすることで,その理由は間違っていたり悪影響を及ぼしたりするからであることが多い」と定義している。英和辞典の訳語でぼくが感心したのは,『リーダーズ英和辞典』の「…の誤りに気づく」である。
 院試塾での指導においても,役に立たない習慣をunlearnしてもらおうとすることが多いのだが,特に過去の成功体験に裏づけられていると本人が思いこんでいる習慣はなかなか捨ててもらえない。ところが,その習慣が実は「足をひっぱっている」ことが実に多いのである。ぼくが特に気づくことが多いのは次の4つである。


  1. 外国語学習の基本は単語で,単語集の暗記をすれば外国語の文章がすらすらと読めるようになる

  2. 文法とは4択穴うめ問題を解くための解法集であり,読解に役立つのは頻出構文の暗記である

  3. 勉強は効率的に行うものであり,そのための「裏ワザ」を知っている人から教わるのがてっとり早い

  4. 文章は例文をもとにすればよいものが書ける


この4つだけにかぎったことではないのだが,ぼくが日々の指導で気がつくのは特にこの4つである。最初の2つはおそらく大学入試のときに英語を勉強した体験にもとづいているのであろうが,このブログの英語カテゴリで常々解説しているとおり,英単語の訳語と頻出構文の暗記による学習は実は読み間違いの主な原因なのである。単語の意味は1つ2つの訳語ではとらえきれないものだし,読解のためにほんとうに身につけなければならないのは,目の前にある英文の構成原理である文法なのである。3.と4.は研究計画書の指導などで特に感じることである。3.のようなことは直接要求されることもあるし,また,こちらとして「学問的にまっとうな」指導をしているのに対して不満を感じているのが感じられることもある。「高い金を払ったのだからチャッチャッと片づける効率的な方法を教えろ」というのであろう。しかし,学問研究などというのは,「学問に王道なし」の言葉どおり,基本に忠実に手間と時間とをかけて必要な努力を積み重ねていくしかないのである。それが「効率が悪い」ように見えて,実はもっとも「効率のよい」方法なのである。また,研究計画書などの指導をしていると「具体例を示してほしい」という希望を言ってくる人がいるが,これなどは4.のような考えかたにとらわれているのである。ぼくに言わせれば,例を意味というのは物事が本当にわかってはじめてわかるものなのである。それに,ただ例を「まねた」だけの研究計画書は薄っぺらいものになってしまうし,本当に自分のものになっていないから,面接などで「化けの皮がはがれる」のである。
 一生ものの学問を真剣に身につけたいと考えている人には,このような習慣はぜひその誤りに気づいてunlearnしてほしいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧