英語

June 03, 2018

関係形容詞whatever

 関係詞に関する文法的知識がいいかげんなままになってしまっている学習者は多いが,なかでもとりわけ「関係形容詞」は例文を機械的に覚えているだけの人が多いのではないかと思う。そもそも,中学英語で最初に関係代名詞を学習するときにこの「関係」という概念をきちんと説明していないのがいけないのだとぼくはつねづね考えている。この「関係」は英語ではrelativeと言うが,これは動詞relateから派生している形容詞で,つまり「接続詞の機能をもちあわせている」という意味なのである。さらに文法的に言うなら,関係詞とは従属接続詞の機能を含んでいる機能語なのであり,英文法の体系においては従属節は名詞節,形容詞節,副詞節の3種類である。「関係○○詞」の「○○詞」の部分はその後が説の内部ではたす役割を表し,これもやはり関係代名詞,関係形容詞,関係副詞の3種類である。そうすると,単純計算では3×3=9の区別を考えればよいということになるが,このうち「形容詞節を作る関係形容詞」は存在しないので,これ以外の8種類を考えればよいのである。
 さてそれでは,この関係形容詞の実例を見てみることにしよう。


The cure for all illnesses was to restore whatever balance of humours was best for each patient. (William Bynam, A Little History of Science, Amazon Kindle版位置No.363)

下線部の節が関係形容詞節で,動詞restoreの目的語になっている。一方,この節の内部構造を見てみると,whatever balance of humourが主語,wasが述語動詞,best (for each patient)が補語になっていて,この主語の名詞句の主要部であるbalanceを関係形容詞のwhateverが修飾している。
 なお,学習用英和辞典でwhateverを引いてみると,たとえば『ルミナス英和辞典』では,形容詞の語義を大きく3つにわけており,そのうち2つが関係形容詞の用法(ほかの1つはnot ~ at allのat allに相当する用法)である。それぞれの例文を引用しておくと,名詞節を作る関係形容詞の例はI will buy you whatever book (=any book that) you like.「君が好きな本ならどんな本でも買ってあげよう」/I will help you in whatever way (=in any way that) I can.「できる限りの方法であなたを助けてあげよう」であり,副詞節を作る関係形容詞の例はWhatever book says that, it is not true.「どの本にそう書いてあるにせよ,それは本当ではない」である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 31, 2018

名詞化を適切に読みほどく

 抽象的な内容の英文では,動詞や形容詞の意味・内容を派生名詞で表現する名詞化が多用される。このような英文を日本語に訳す場合,名詞化をそのまま名詞で表したのでは,たいへんわかりにくい訳文になってしまうので,もとの動詞や形容詞に戻して訳すのが適切である。この点についてはすでに何度もとりあげているが,この記事でも実例を紹介しながら解説していこう。


On the psychological side, someone who is experiencing stress is much more ready to perceive threats than they would be otherwise, and will often end up reacting to situations as if they were threatening when this isn't really appropriate. They are also more likely to make errors, as all of us are when we are anxious, which can also be a problem in working life. In the short term, stress results in an inability to concentrate, irritability, and emotionality, and the loss of the person's sense of humour. (Nicky Hayes, Understand Applied Psychology, Amazon Kindle版位置No.3113)

下線部はunable to concentrate / irritable / emotional / [V]lose [O]the person's sense of humourともとの形に戻して解釈し,「集中できなくなり,怒りっぽくなり,感情に流されてしまうようになり,ユーモア感覚をなくしてしまう」などと訳すのが適切なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2018

受動態の名詞化

 動詞や形容詞を派生名詞形に書きかえる名詞化についてはすでにこのブログで何度か解説している。基本をもう一度ここで復習しておこう。


  • [S]The enemy [V]destroyed [O]the city.→[S]the enemy's [V]destruction [O]of the city=the [V]destruction [O]of the city [S]by the enemy


destroyを名詞化してdestructionにすると,もとの動詞の主語は所有格またはby句で,目的語はof句でそれぞれ表現される。では,上の例文を受動態にして,The city was destroyed by the enemy.としたうえで名詞化するとどのようになるであろうか。やはり主語は所有格になり,the city's destruction by the enemyとなるのである。destructionという名詞化形そのものには能動・受動の形式的な区別はない。これを言語学の専門用語で「中和」と呼ぶ。
 このような受動態の名詞化の実例を見ておこう。

So carrying out job analysis requires far more than just observation. It involves gathering a wide range of information about the job itself, about the amount of variety and change there is from day to day, about levels of responsibility and scope for decision making, and a number of other such attributes. Once it has been carried out, a job analysis might contribute to overall management policy, such as providing baseline knowledge for a management restructuring; it might be used for an individual's appraisal to determine their pay level for the coming year, or their suitability for promotion; or it might be used to inform an recruitment advertisement. (Nicky Hayes, Understand Applied Psychology, Amazon Kindle版位置No.3084)

下線部のan individual's appraisalは[V]appraise [O]an individual→[S]an individual [V]is appraised.を名詞化したものである。日本語に訳す場合には,能動態に戻して「個人を評価する(こと)」とするとよいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

形容詞を作る接尾辞-ableと前置詞の編入

 danceableという形容詞がある。日本語でも「ダンサブルな音楽」のように,カタカナ表記で用いることがある。なんとなく和製英語のようにも思えるが,れっきとした英語で,辞書にも載っている。この語はご形成の観点から極めて興味深い。もとの動詞danceを用いて書き換えると,たとえばa danceable tuneはa tune that you can enjoy dancing toのように,前置詞toが必要となる。これを言語学の専門用語で「編入」と言う。つまり,形容詞danceableには前置詞toが編入されているわけである。
 danceable以外にも,よく知られている語で編入がからむ例として,dependable / reliableがある。たとえば,a reliable friendはa friend that you can rely onと書き換えることができ,形容詞dependableには前置詞onが編入されているのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2018

英語の受動態の意味と機能

 中学英語以来の習慣なのか,英語の受動態を意味をよく考えずにとにかく「~される」と訳す人が実に多い。しかし,英語と日本語とでは受動態の意味・機能が異なるので,このような直訳思考は危険である。英語の受動態は,語順が固定しているために主語が主題性を帯びることに決まっている状況で,動作主(能動文の主語)以外のものに主題性をもたせるためのしかけなのである。このことは,英文法研究でよく問題にされる以下の例からもわかる。


  1. A: What did John do?―B: John kissed Mary.

  2. A: What happened to Mary?―Mary was kissed by John.


日本語であれば,2.の答えの文は「メアリーにはジョンがキスをした」と,語順の転換と取り立て助詞「は」を使って表すところであろう。
 次の例のbe joined by ~という受動態も「加わられる」と日本語で受動態を用いて訳すとおかしくなってしまう。

By mid-century, the stethoscope had been joined by the ophthalmoscope and laryngoscope, the thermometer and spirometer. (Oxford Sentence Dictionary)

A joined Bという形の能動文では,主語Aが既知の旧情報,目的語Bが未知の新情報を表すのに対して,B is joined by Aという受動文では,主語Bが旧情報,by Bの句が新情報を表す。つまり,上の引用例では,the stethoscopeが文脈上既知であり,by以下に置かれているものが未知であるために,受動態が用いられているわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2018

派生副詞の解釈について―「~的に」から脱却しよう!

 名詞から派生している形容詞を「~的な」,副詞を「~的に」と訳してもわかったことにはならないという点はこれまでにも何度か指摘しているが,今回もそのような例を2つとりあげて解説を加えておきたい。


  1. Meanwhile, space zealots who do not properly factor the role of war into the spending landscape are delusionally certain that all we need today are risk-taking visionaries like JFK. (Neil deGrasse Tyson, Space Chronicles: Facing the Ultimate FrontierAmazon Kindle版位置No.182)

  2. If not language itself, perhaps the Great Leap Forward coincided with the sudden discovery of what we might call a new software technique: maybe a new trick of grammar, such as the conditional clause, which at a stroke, would have enabled ‘what if’ imagination to flower. Or maybe early language, before the leap, could be used to talk only about things that were there, on the scene. Perhaps some forgotten genius realised [A]the possibility of using words referentially [B]as tokens of things that were not immediately present. (Richard Dawkins, The Ancestor's Tale: A Pilgrimage to the Dawn of Life, Amazon Kindle版位置No.1007-14)


引用例1.のdelusionallyを「妄想的に」,2.[A]のreferentiallyを「指示的に」と訳してみたところで意味不明で,そのように訳した当の本人が内容を的確に理解しているとは言いがたいのである。1.のdelusionallyは結局,certainであるという感覚がdelusionであると言っている(だからこそ副詞としてcertainを修飾しているである)のだから,「きっと~だと思うだろうがそれはまちがいだ」などとすべきである。2.[A]のreferentiallyは2.[B]の内容との関連から,「その場に存在しないものを指し示すのに」と説明を加えながら訳していく必要がある。
 結局,英文和訳とは内容を自分の責任でしっかりと引きうけて,それを自分の責任で自分なりの日本語にすることなのである。その責任を放棄するのは「逃げ」でしかないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2018

学術英文における「クジラの構文」

 A whale is no more a fish than a horse is.といった例で覚えている人の多い,いわゆる「クジラの構文」は,受験英語の重要構文とされているが,このブログでもこれまでに何度かとりあげてきたように,学術英文でも用いられることの多い構文である。今回もそのような例を紹介しよう。


The ‘gap’ comes from hindsight. There was nothing resembling a gap at the time, and the ‘classes’ that we now recognise were no more separate, in those days, than two species As we shall see again, jumping gaps is not what evolution does. (Richard Dawkins, The Ancestor's Tale: A Pilgrimage to the Dawn of Life, Amazon Kindle版位置No.388-97)

下線部のthe ‘classes’ that ...以下の部分がいわゆる「クジラの構文」になっている。この構文は,すでに解説しているとおり,2つの命題を同時に否定するものであり,ここではthe ‘classes’ that we now recognise were not separate. / Two species were not separate.という命題をつなぎ合わせ,それらが否定される度合いが等しいと言っているわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2018

外国語読解のありよう

 現代の日本では外国語学習の主流と言えば英語であるが,ほんの数百年前まではヨーロッパ語を学ぶと言えばすなわちオランダ語を学ぶことであった。皆さん知ってのとおり,冬至のオランダ語学習は「蘭学」と呼ばれていた。しかし,そこにあったのは語学的興味・関心ではなく,オランダ語で書かれた書物を読み,西洋の思想・科学,とりわけ医学を輸入するという目的であった。かの有名な杉田玄白はオランダ語で書かれた解剖学書の正確さに感銘を受けて翻訳を決意する。この本が『解体新書』であり,そこにいたる学問的道程について述べたのが『蘭学事始』である。この本には,外国語を学ぶ者としての「心得」が詰まっていると言っても過言ではないとぼくは考えている。この記事では,その現代語訳(講談社学術文庫版)から,ぼくが特にすばらしいと常常思っている箇所を引用して紹介しておきたい。


さて,この原書『ターヘル・アナトミア』を読みはじめるのに,どのようにして筆を進めていったらよいか,と相談したのであるが,
「とてもはじめから身体内の構造のことは,わかりにくいであろう。この本の最初に人体の前向き,後向きの全身図がある。これは身体の表面の外形のことである。その名称はみなわかっていることであるから,その図と説明の符号とを照らしあわせて考えるのが取りつきやすいであろう。これが図の最初でもあるから,みんなでまずこれから訳読の筆を始めよう」
と定めた。すなわち,『解体新書』の『形体名目篇』がこれである。
 そのころは,デ(de)とか,ヘット(het)とか。アルス(als),ウェルケ(welke)などという助語のたぐいも,なにがなにやら,はっきりとわかっていなかったから,すこしは記憶している単語があっても,文書の前後がいっこうにわからないことばかりであった。
 たとえば,「眉(ウェインブラーウ)というものは,目の上に生えた毛である」とあるような一句でも,意味がぼんやりしていて,長い春の1日かかっても理解することができず,日が暮れるまで考えつめ,たがいににらみあっても,わずか一,二寸ばかりの文章でさえも,一行も理解することができないでしまうことであった。
 またある日,鼻のところで,「フルヘッヘンド(vergeffend)しているものである」というところにいたった。しかし,この語がわからない。これはどのようなことなのだろうかと考え合ったが,なんともいたしようがない。
 そのろはウールデンブック(woordenboek釈辞書)というものもなかった。やっとのことで良沢が長崎から求めてきた簡略な一小冊子があったのを参照したところ,フルヘッヘンドの注釈に,
「木の枝を切り取れば,その跡がフルヘッヘンドをなし,また庭を掃除すれば,その塵土が集まってフルヘッヘンドする」
というように読みとれた。
「これはいったいどういう意味なのだろうか」
と,またいつものようにこじつけて考え合ってみたが,どうにもわからなかった。
 そのとき,ふとわたしが思ったことなのだが,
「木の枝を切ったあと,切り口がなおると堆くなる。また,掃除をして,塵や土が集まれば,これも堆くなる。鼻は顔のまん中にあって,堆くなっているものであるから,”フルヘッヘンド“とは,”堆“ということであろう。ということであれば,この語は”堆し“と訳してはどうだろうか」
というと,みなはこれを聞いて,
「いかにももっともである。”堆し“と訳せば,ぴったりであろう」
といって,決定した。
 そのときの嬉しさは,何にたとえようもなく,世にも至宝といわれる「連城の玉」をも手に入れた心地がした。(pp.44-6)

辞書などという便利なものがなかったころ,先人はこのように苦労しながら,少しずつ読解の歩みを進めていたのである。先人の努力の結晶である辞書を自由に使えるわれわれは,何とも恵まれているではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2018

more or lessの意味―「多かれ少なかれ」でよいか?

 more or lessという成句を゜多かれ少なかれ」と覚えている人は多い。しかし,辞書を引いてみればわかるが,この意味を載せている辞書は今ではあまりない。たとえば『ルミナス英和辞典』のmore or lessの意味は以下のようになっている。


  1. 大体,およそ(almost);事実上

  2. [しばしば数量表現の後に添えて]約(approximately)


これを見てもわかるとおり,「多かれ少なかれ」という訳は載っていない。次の例のmore or lessも「多かれ少なかれ」ではおかしい。

In effect, he's saying you can use this term [=phrase] to describe more or less any string of words you want to talk about! (David Crystal, Making Sense: The Glamorous Story of English Grammar, Amazon Kindle版位置No.506)

下線部は「だいたいどのような語の連鎖も」という意味である。「多かれ少なかれどのような…」では意味不明になってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「英語らしい」表現

 前置詞で文が終わる形は,英米の規範文法では規則違反とされていることが多いが,実はとても「英語らしい」表現である。ほかのヨーロッパの言語,たとえばフランス語ではこのような形は用いられないそうである。なかでも特に「英語らしい」と感じたものを紹介しよう。


Notice that she's aware of these roles even when she gets the word order wrong. In English, when you're making a statement, the doer goes before the doing. (It would be the other way round in some languages, such as Welsh.) She knows very well that it's the dolly doing the drinking, and that one can't ‘drink dolly’. And if that's so (I imagine her reasoning), then the meaning will come across whatever order the words come out in. (David Crystal, Making Sense: The Glamorous Story of English Grammar, Amazon Kindle版位置No.300-9)

下線部の先頭にあるwhatever orderは文末の前置詞inの目的語である。下線部は複合関係代名詞による譲歩の副詞節になっており,その意味は「語がどのような順序で並べられていたとしても」となる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧