« 名詞中心表現の解釈―修飾語+名詞を文の形にほどいて理解する | Main | 基本的な語法知識の応用―awareness of A as B »

January 02, 2018

文法的に考える英文読解―読解文法の正確な適用

 英文は単に「雰囲気」で読んではいけない。きちんと文法に則って考える必要があるのだ。たとえば,次の2つの文の意味はどのように異なるのであろうか。


  1. The mountains [seen from the plane] were very beautiful.

  2. [Seen from the plane], the mountains were very beautiful.


1.の文のseen from the planeという過去分詞の句は,名詞the mountainsの後置修飾句,つまり形容詞句になっている。したがってこの文は,「[飛行機から見たはとてもきれいだった」と解釈するのが妥当である。これに対して2の文のSeen from the planeは名詞the mountainsではなくthe mountains were very beautifulという主節全体を修飾する分詞構文(つまり,副詞節)で,この文は「[飛行機から見ると山はとてもきれいだった」と解釈するのが適切なのである。雰囲気だけで読んでいる人は,同じ語が違う語順で並んでいても,意味の違いに気がつかないのである。

|

« 名詞中心表現の解釈―修飾語+名詞を文の形にほどいて理解する | Main | 基本的な語法知識の応用―awareness of A as B »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/66232782

Listed below are links to weblogs that reference 文法的に考える英文読解―読解文法の正確な適用:

« 名詞中心表現の解釈―修飾語+名詞を文の形にほどいて理解する | Main | 基本的な語法知識の応用―awareness of A as B »