« 名詞の可算・不可算の区別と意味 | Main | 程度を表すgo far »

December 25, 2017

英文読解の技法を総動員する

 これまでにこのブログでは,英文の内容を的確に読みとるための技法を解説してきたが,今回はそれらの技法をいわば「総動員」してかかるべき事例をとりあげて解説していこう。


What determines whether the slowing of time is an empowering experience or―as we used to say in the 1960's―a drag? In large part, the difference between the martial artist's slow-motion world and that of boredom narrows down to a matter of [A]perceived control. The martial artist [B]controls the speed of events. He or she [C]slows down the external world in order to take charge of what would otherwise be too complex to take on. The resulting [D]sense of competence is exhilarating. (Robert Levine, A Geography of Time: The Temporal Misadventures of a Social Psychologist, Amazon Kindle版位置No.803-11)

下線部[A]のperceived controlは英語特有の名詞中心表現で,まずこれをcontrol is perceived,さらには[V]perceive [O]controlと展開して考える必要がある。また,このcontrolはたとえば下線部[B]との関連で考えればわかるとおり,動詞controlを名詞化したものである。また,a matter of ~との関係から,この部分は潜伏疑問文として解釈する必要がある。さらに,controlの具体的な意味内容は,下線部[C]と関連づけながら考えるのがよいであろう。上記の考えかたを総合すると,下線部[A]のperceived controlはhow much control she perceives she hasと展開して,「自分が状況をどれだけ思いどおりにできると思っているか」と解釈すればわかりやすくなる。そしてこの解釈が妥当であることは,下線部[D]と照らしあわせてみることでたしかめることができるであろう。

|

« 名詞の可算・不可算の区別と意味 | Main | 程度を表すgo far »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/66197227

Listed below are links to weblogs that reference 英文読解の技法を総動員する:

« 名詞の可算・不可算の区別と意味 | Main | 程度を表すgo far »