« 内容から語義を適切に考える | Main | 大学院入試の小論文―構成の手がかりは設問のなかにある »

December 29, 2017

英文和訳と日本語文法

 日本語文法研究において採りあげられることの多い「象は鼻が長い」「カキ料理は広島が本場だ」のように,「~は…が」という構文は日本語に特徴的なものである。しかし,英語に直接対応する構文がないため,英文和訳の訳文でこの構文は活用されておらず,それゆえ訳文中で見かけることは少ない。しかし,次の引用例の下線部などはこの構文を用いて訳すのがまさに適切であろう。


The picture is unremarkable: two horizontal lines of different lengths, with fins appended, pointing in different directions. The bottom line is obviously longer than the one above it. That is what we all see, and we naturally believe what we see. If you have already encountered this image, however, you recognize it as the famous Müller-Lyer illusion. As you can easily confirm by measuring them with a ruler, the horizontal lines are in fact identical in length. (Daniel Kahneman, Thinking, Fast and Slow, Amazon Kindle版位置No.376)

the horizontal linesを「水平の線」,in lengthを「長さが」として,この下線部を「水平の線は長さが等しいのである」とすると,日本語として自然な訳文になるのではないだろうか。このような観点から,日本語の「~は…が」という構文を見てみるとなかなか興味深いと思う。

|

« 内容から語義を適切に考える | Main | 大学院入試の小論文―構成の手がかりは設問のなかにある »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/66213076

Listed below are links to weblogs that reference 英文和訳と日本語文法:

« 内容から語義を適切に考える | Main | 大学院入試の小論文―構成の手がかりは設問のなかにある »