« 英文読解の技法を総動員する | Main | 内容から語義を適切に考える »

December 25, 2017

程度を表すgo far

 まずは次の引用例の下線部がどのような意味を表しているかを考えてみてほしい。


Western scholars of religion, in spite of monotheism of Christianity, call the religions of structure polytheistic, belief in many gods. Some scholars go further, calling religions of structure pantheistic, which is a belief that sees God in every thing. (Harvey Sindima, Introduction to Religious Studies, Amazon Kindle版位置No.488)

このgo furtherはある種の慣用表現で程度を表し,「(考えを)さらに一歩進める」という意味になるのだが,go farで成句としてきちんと載せてくれている辞書はあまりない。少し自分の頭で考えれば,大学入試英語で頻出とされるgo so far as to Vでもfarが程度を表す副詞で動詞goとともに用いられているし,go too farは「やり過ぎる,度を超す」といった意味の成句としてきちんと載っているのだが,go farだと「大いに役立つ,成功する」などの意味でしか載っていないようである。

|

« 英文読解の技法を総動員する | Main | 内容から語義を適切に考える »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/66199047

Listed below are links to weblogs that reference 程度を表すgo far:

« 英文読解の技法を総動員する | Main | 内容から語義を適切に考える »