« 名詞化の解釈―潜伏疑問文(2) | Main | 辞書の記述―practicallyの語義をめぐって »

August 11, 2017

クジラの構文のバリエーション

 これまでにこのブログで何度か,A whale is no more a fish than a horse is.に代表される,いわゆる「クジラの構文」を何度かとりあげてきた。その最大の理由は,この構文が文法の例文としてではなく実際の英文に出てきたときに適切に解釈できない人が多いからである。この記事では,このクジラの構文のバリエーションをとりあげることにしよう。


Our ancestors, they wove brilliantly imaginative stories. But they can bring us no closer to the stars than our dreams. (Cosmos: A Spacetime Odyssey, "Sisters of the Sun," (Disc 3))

下線部の文はno+比較級 … than 〜という形になっており,これがいわゆるクジラの構文のバリエーションである。これまでの解説と同様に,この文を同時に否定されている2つの命題にばらしてみよう。

  • they [= these brilliantly imaginative stories] can bring us close to the stars

  • our dreams can bring us close to the stars


これらに含まれるcloseが比較級になったのが,上の引用例のcloserなのである。このことをふまえて下線部の文を解釈すると,「夢を見ても星の真の姿に迫ることができないのと同じように,これらのすばらしく想像力に富む話を考えても星の真の姿に迫ることはできないのである」といったようになるであろう。

|

« 名詞化の解釈―潜伏疑問文(2) | Main | 辞書の記述―practicallyの語義をめぐって »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65650077

Listed below are links to weblogs that reference クジラの構文のバリエーション:

« 名詞化の解釈―潜伏疑問文(2) | Main | 辞書の記述―practicallyの語義をめぐって »