« 背景知識から読みとく英単語の意味 | Main | 名詞中心表現の訳しかた(3) »

August 10, 2017

倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点

 S+V+場所の副詞句という形の文が,場所の副詞句+V+Sという形に倒置される場合がある。このような倒置が生じる場合に考えられる理由は主に2つあり,1つは主題性,つまり場所の副詞句に含まれる要素が先行文脈に出てきているという理由,もう1つは文末焦点,つまりSが長い要素であるという理由である。この2つの両方が理由となって倒置構文が用いられている例を見てみよう。


The strands from which the New Deal safety net is woven―the premises about what people need and how economics operate―no longer support the emerging independent workforce. In its place will emerge Free Agent Nation's "New Economy Deal"―a reform agenda keyed to the realities of work and life in the twenty-first century. (Daniel Pink, Free Agent Nation: How America's New Independent Workers Are Transforming the Way We Live, Amazon Kindle版位置No.4184-8)

下線部の文はIn its placeという場所の副詞句が前置されるとともにFree Agent Nation's "New Economy Deal"―...という長い主語が文末に回っている。まず,In its placeのitsはthe New Dealを承けており,前置されている場所の副詞句に含まれる要素が主題性をもっている。また,文末に回っている主語はダッシュ以下がなくても十分に長いが,これにダッシュ以下の補足説明が続いてさらに長くなっていて,まさに文末焦点の好例である。

|

« 背景知識から読みとく英単語の意味 | Main | 名詞中心表現の訳しかた(3) »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65645785

Listed below are links to weblogs that reference 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点:

« 背景知識から読みとく英単語の意味 | Main | 名詞中心表現の訳しかた(3) »