« 単なる「指導」を超えて | Main | 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点 »

August 10, 2017

背景知識から読みとく英単語の意味

 このブログではこれまでに,文脈などから英単語の意味を推測する方法とその重要性について繰り返し述べてきた。この記事では,内容に関連する背景知識から英単語の意味が推測できる例をとりあげて説明を加えておこう。


In Chapter 2, I reviewed a welter of statistics about Free Agent Nation. Let me display a few of those numbers again, this time within a political frame. While [A]Democrats pander to labor unions and [B]Republicans flay labor unions, organized labor is becoming much less integral to our economy and our politics. (Daniel Pink, Free Agent Nation: How America's New Independent Workers Are Transforming the Way We Live, Amazon Kindle版位置No.4160)

下線部[A]のpander,あるいは[B]のflayという語は知らない,という人が多いであろうが,アメリカの二大政党制についてある程度の知識があれば,Democrats,すなわち民主党員はリベラルで労働組合に好意的であるのに対して,Republicans,すなわち共和党員は保守で労働組合を快く思っていないことは知っているであろう。この知識をもとにして,panderは「好意的に接する」,flayは「敵視する」といったような意味ではないかと推測することができるわけである。そして,このように推測した上で英英辞典を引いてみると(このような場合の結果確認には英英辞典を使うのがよいのは,これまでにも何度か述べてきたとおりである),たとえばCambridge Advanced Learner's Dictionaryはこの2つの語を次のように定義し,以下のような用例を挙げている。

  • phrasal verb disapproving to do or provide exactly what a person or group wants, especially when it is not acceptable, reasonable or approved of, usually in order to get some personal advantage
    It's not good the way she panders to his every whim.
    Political leaders almost inevitably pander to big business.

  • to whip a person or animal so hard that some of their skin comes off
    figurative The critics really flayed (= severely criticized) his new book.


特にflayについては,用例が比喩的(figurative)に用いられている例で,ここでの解釈には特に参考になるであろう。英和辞典(『プログレッシブ英和中辞典』)の訳語を挙げておくと,panderは「迎合する,おもねる」,flayは「こきおろす,酷評する」となっている。

|

« 単なる「指導」を超えて | Main | 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点 »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65645692

Listed below are links to weblogs that reference 背景知識から読みとく英単語の意味:

« 単なる「指導」を超えて | Main | 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点 »