« 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点 | Main | 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点(2) »

August 11, 2017

名詞中心表現の訳しかた(3)

 「名詞中心表現の訳しかた」「名詞中心表現の訳しかた(2)」という記事では,英語の特徴である名詞中心表現を日本語では文の形に展開して訳すのが適切であることを解説し,実例を用いてその訳しかたを説明した。今回はこの主題にさらに踏みこんでみよう。


How can we identify and develop the executive talent needed to get through the turbulent years ahead? It was in the early 1980s that organizations were in the beginning stages of what was variously predicted to be "permanent white water" "and the "white knuckle decade," and as people are wont to do in times of perceived crisis, the search for heroes had begun. (Morgan McCall, Jr., High Flyers: Developing the Next Generation of Leaders, p.ix)

下線部のperceived threatは名詞中心表現で,これを含むtimes of perceived crisisを「知覚された危機の時代」と訳しても日本語としてはかなり不自然である。ところが,perceived crisisを文の形に展開してcrisis is perceived,さらには[V]perceive [O]crisisという形にまで戻してみると,「危機を察知した時代」とわかりやすく訳すことができるのである。

|

« 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点 | Main | 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点(2) »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65649185

Listed below are links to weblogs that reference 名詞中心表現の訳しかた(3):

« 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点 | Main | 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点(2) »