« 語形成の知識 | Main | 単なる「指導」を超えて »

August 09, 2017

名詞中心表現の訳しかた(2)

 「名詞中心表現の訳しかた」という記事では,its continued riseという名詞中心表現をit will continue to riseと展開して解釈したうえで訳したほうが日本語として自然な訳文になることを述べた。この記事では,やはり同様に名詞中心表現を展開して訳すのが適切と思われる例を挙げて説明しよう。


Finally, the single most important thing to remember about any enterprise is that results exist only on the outside. The result of a business is [A]a satisfied customer. The result of a hospital is [B]a healed patient. The result of a school is [C]a student who has learned something and puts it to work ten years later. (Peter Drucker, The Essential Drucker, Amazon Kindle版位置No.251-6)

下線部[A]~[C]はいずれも,名詞中心表現のまま訳してもあまり違和感はないと思う人が多いかもしれない。しかしやはり,[A]は「顧客が満足すること」,[B]は「患者が治ること」,[C]は「生徒・学生が何かを身につけてそれを10年後に活用すること」としたほうが,日本語としてはより自然なのではないだろうか。

|

« 語形成の知識 | Main | 単なる「指導」を超えて »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65644012

Listed below are links to weblogs that reference 名詞中心表現の訳しかた(2):

« 語形成の知識 | Main | 単なる「指導」を超えて »