« 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点(2) | Main | クジラの構文のバリエーション »

August 11, 2017

名詞化の解釈―潜伏疑問文(2)

 以前,「名詞化の解釈―潜伏疑問文」という記事で,名詞化形が間接疑問文に相当する「潜伏疑問文」について解説した。今回もその実例を紹介して,このポイントをもう一度確認しておこう。


[A]The prominence of third places varies with cultural setting and historical era. In preliterate societies, [B]the third place was actually foremost, being the grandest structure in the village and commanding the central location. (Ray Oldenburg, The Great Good Place: Cafés, Coffee Shops, Bookstores, Bars, Hair Salons and Other Hangouts At the Heart Of a Community, p.17)

下線部[A]のThe prominence of third placesは間接疑問文に展開してhow prominent third places areと展開するとわかりやすくなる。この際のポイントはprominenceという名詞化形をhow prominentと読みほどくことだが,これ以外はふつうの名詞化形の解釈と同じで,prominenceは形容詞prominentの名詞化形であるからofの句を主語に対応させるのが適切である。
 なお,今回の例では下線部[A]を間接疑問文に展開して読むべきであることは下線部[B]との意味的関係から裏づけられる。すなわち,第1文で「サードプレイスがどの程度重要であるかは文化的環境や歴史的時代によって異なる」と述べたうえで,後続の文で「先史社会においては,サードプレイスがもっとも重要であった」と説明しているわけである。

|

« 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点(2) | Main | クジラの構文のバリエーション »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65649642

Listed below are links to weblogs that reference 名詞化の解釈―潜伏疑問文(2):

« 倒置構文が用いられる理由―主題性と文末焦点(2) | Main | クジラの構文のバリエーション »