« 連語関係に注目しながら意味をつかむ―an educated guessとは? | Main | 「知っている」はずの単語の意味 »

July 14, 2017

大学院入試の面接

 推薦・AO入試などでのみ面接が課され,一般入試では面接がないのがふつうである大学入試とは異なり,大学院入試では面接が行われるほうがふつうである。大学院によっては「面接」ではなく「口頭試問」あるいは「口述試験」と呼んでいるところがあることからもわかるように,この面接は人物本位のものではなく(もちろん,人間が実際に対面するのであるから,失礼な態度をとればきわめて不利にはたらくだろうが),学問的なやりとりが中心となる。院試塾でも,「口頭試問・プレゼンテーション指導」を設置して,この面接の準備学習をサポートしている。ここで特に重視するのが,「問われていることの核心を1文で簡潔かつ明確に答える」ことである。この指導では指導形式を選ぶことができるが,院試塾が強くお勧めしているのが,こちらから提示した想定質問に対する回答にコメントをつけ,そのコメントの内容をもとに回答を練りなおしていく「メール指導」である。
 「問いにきちんと答える」というのは学問の基本的なスキルであり,当然ながら大学院入試の面接においてもきわめて重視されることであるのだが,多くの受講生が最初のうちは「思いつき」と「思いこみ」とで回答してくる。たとえば,想定質問のなかに「大学院での研究の方法論上の特徴を簡単に説明してください」というのがある。回答のポイントとなるのは「方法論」上の「特徴」がきちんと答えられるかどうかなのだが,単に方法を簡単に説明して終わり,という人が実に多いのである。
 また,最近では出願時に提出した研究計画書などを本人がきちんと書いているか,代筆などをしてもらって提出してはいないかを確認するための質問などもされることがあると聞く(『合格者コメント』より)。院試塾の「研究計画書作成指導」では,受講生本人が考えを深める過程を支援していくことに指導内容をとどめており,どのように尋ねられても胸をはって「自分で書いた」と言えるようにすることを目的としている。ところが,研究計画書などを「代筆」する業者などもけっこういるようだ。そのようなズルをしている受験生をあぶり出すためにも「面接」は利用されているということなのだ。

|

« 連語関係に注目しながら意味をつかむ―an educated guessとは? | Main | 「知っている」はずの単語の意味 »

大学院入試」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65532232

Listed below are links to weblogs that reference 大学院入試の面接:

« 連語関係に注目しながら意味をつかむ―an educated guessとは? | Main | 「知っている」はずの単語の意味 »