« 直訳しても意味不明(3)―mental revolutionとは? | Main | 放送大学大学院入試英語の難易度 »

May 12, 2017

放送大学大学院入試の英語問題

 このブログでも何度か解説しているし,YouTubeの動画講義「放送大学大学院入試」でもふれているが,資格条件を満たしていれば誰でも入学できる学部課程とは違って,放送大学大学院に修士全科生(修士号の取得を目指す学生)として入学するためには入試がある。入試科目はプログラムによって専門筆記のみ,あるいは専門筆記と英語となっている。この英語がなかなか本格的で,英語に対する苦手意識のある人にはかなり厳しいものとなっている。
 放送大学大学院修士全科生の筆記試験問題は,公式サイト内のWebページで公開されているので,ぜひ一度確認してみることをお勧めしたい。著作権の問題から,年度・プログラムによって本文の公開状況にはばらつきがあるが,幸い平成29年度分については,英語が出題されるすべてのプログラムについて本文まで公開されている。
 院試塾では,「A href="http://inshijuku.life.coocan.jp/oujtsp.htm">放送大学大学院トータルサポートパック」で研究計画書・志望理由書の指導に英語・小論文・面接試問の準備学習をセットにしたパックを提供しているが,上述のように問題の入手可能性がプログラムごとに異なり,また出題内容にもばらつきが見られるので,英語学習については院試塾の「大学院入試英語入門プログラム」での学習としているが,過去問題を用いた指導については「放送大学大学院入試英語演習」で対応可能である。また,過去問題に追加する形でオリジナル課題での指導については,「院試英語フリープラン」で対応する。「受講相談フォーム」から適宜ご相談いただきたい。

|

« 直訳しても意味不明(3)―mental revolutionとは? | Main | 放送大学大学院入試英語の難易度 »

大学院入試」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65268339

Listed below are links to weblogs that reference 放送大学大学院入試の英語問題:

« 直訳しても意味不明(3)―mental revolutionとは? | Main | 放送大学大学院入試英語の難易度 »