« 放送大学大学院入試の英語問題 | Main | 学問的文章の技術―きちんと構造化する »

May 13, 2017

放送大学大学院入試英語の難易度

 院試塾では最近,放送大学大学院入試の英語問題を指導する「放送大学大学院入試英語演習」を開設した。その案内ページでは過去の出題内容を説明する表」が閲覧できる。また,放送大学公式サイトの過去問題一覧ページでは,過去問題の実物をPDFで閲覧できる。院試塾の演習講座での指導は設問のみとしているので,学習のために本文の全訳例を配布することにしている。これを作成してみてわかるのは,放送大学大学院入試の英語問題の本文を的確に読みこなすためには相当の英文読解力が必要だということである。
 設問の形式は,社会経営科学プログラムの和訳主体の出題を除けば,「訳す」という作業はあまり求められていない。人文学プログラムなどはほとんどが選択式の問題である。つまり,設問に対処するというレベルで考えると,難易度は高くないと思ってしまいがちなのではないだろうか。そういう人はぜひ,志望プログラムの問題を実際に見てほしい。今の自分の英語力で対応できるかどうか,事前によく確認して,いざ試験の場で問題を見たときに「こんなに難しいのが出るのか!」などとは思わないようにしてほしいものである。
 なお,英語が本当に苦手だというレベルから学術英文の読解の基礎までを学ぶ講座として,院試塾では「大学院入試英語入門プログラム」を設置しており,放送大学大学院修士全科生入試を目指す「放送大学大学院トータルサポートパック」にも含まれている。放送大学大学院を目指す人たちの英語力向上のお役に立てれば幸いである。

|

« 放送大学大学院入試の英語問題 | Main | 学問的文章の技術―きちんと構造化する »

大学院入試」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/65272534

Listed below are links to weblogs that reference 放送大学大学院入試英語の難易度:

« 放送大学大学院入試の英語問題 | Main | 学問的文章の技術―きちんと構造化する »