« 文法をきちんと理解することの大切さ―howeverは「しかしながら」とはかぎらない | Main | 時制の解釈―英文法の基本ルールとの関連で考える »

March 04, 2017

直訳しても意味不明―「社会的大災害」は何の訳?

 次の引用例の下線部はどのような意味だろうか。直訳して「社会的大災害」などとしてみてもまったく意味不明である。


 "Can you get me a Starbucks card?" he asked. Bis and Laura laughed, and I joined in.
 "Yes," I said, smiling.
 "Cool," he said. I could imagine Charles being happy to offer his friends some free drinks. Maybe, because Starbucks itself had become so popular among even high school kids, my working there was not a total social disaster for him. It was entirely likely that I was projecting my former social ambition and previous anxiety abou losing my social standing onto my son―and to him, maybe it was a nonissue. (Michael Gates Gill, How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else, Amazon Kindle版位置No.2925)

この本の内容は,大手広告代理店を解雇された筆者が失意のなかでスターバックスで働きはじめて自信をつけていく,というものである。ここに出てくるCharles / Bis / Lauraとは筆者の子どもたち(母親とは離婚しているので現在は別々に暮らしている)であり,広告代理店での輝かしい生活を失った父親が今はスターバックスでコーヒーを提供する仕事をしていることをCharlesが友だちに言うとどうなるか,という話をしているわけである。このような場面でsocial disasterとはどのようなことを意図しているのであろうか。まず,socialという形容詞にはこれまでにも何度かこのブログで解説しているとおり,「人間関係の」という意味がある。下線部を含む文の直前の文にも「友人に飲みものをおごる」という話が出てきているのと関連づけて考えるとよいであろう。そして,口語英語に慣れていればわかることだが,disasterには「たいへんなできごと,大打撃」という意味もある。つまりこのsocial diasterとは,「友だちの前ではとても言えないようなたいへん恥ずかしいこと」という意味なのである。直訳の「社会的大災害」とはずいぶんかけ離れた内容になっているのではなかろうか。

|

« 文法をきちんと理解することの大切さ―howeverは「しかしながら」とはかぎらない | Main | 時制の解釈―英文法の基本ルールとの関連で考える »

英語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55600/64969205

Listed below are links to weblogs that reference 直訳しても意味不明―「社会的大災害」は何の訳?:

« 文法をきちんと理解することの大切さ―howeverは「しかしながら」とはかぎらない | Main | 時制の解釈―英文法の基本ルールとの関連で考える »