April 28, 2017

大学院入試を決意するうえで考えておくべきこと

 現在指導している受講生から,以下のような感想をいただいた。


  • ○○系大学院に行きたい→どこへ→なぜ→〇〇先生,プログラム・・→自分は〇〇が勉強・研究したい、という一連の流れが連想できていないように思う

  • 自分が研究計画書がどういうものなのかの認識・理解の甘さを痛感して,改めて書籍を当たってみる必要があると感じている


実はこの人たちは,今の段階でこのことに気づけただけでも「まだまし」なのだ。というのも,出願1か月前にバタバタと願書を取り寄せて,いざ研究計画書を書こうとして書けない,という事例が非常に多いのである。院試塾の指導では,まずこのような点から重点的に考えていく。だからこそ,長期的な利用をお勧めしているわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2017

一橋大学国際企業戦略研究科金融戦略・経営財務コース入試の募集人員

 一橋大学国際企業戦略研究科金融戦略・経営財務コースの入試は,秋期と冬期の年2回実施される。この2回で機会が均等になっているかというと実はそうではない。まず,募集人員が秋期41名,冬期若干名となっている。また,過去の入試データを見ても,たとえば平成29年度を見ると,秋期の競争率が2.82倍,冬期が5.29倍となっている。それ以前の年度を見ても,平成27年度以降は同様の傾向が見られる。ところが,院試塾での指導経験から言っても,冬期入試を受験しようと思い立つ人のほうが,出願時期の関係もあるのか多いようだ。データを見ると,冬期のほうが難しい。つまり,冬期で不合格となった人でも,秋期で再挑戦すれば合格できる可能性は十分あると考えられるのである。
 なお,院試塾では現在,秋期入試に向けて「一橋大学国際企業戦略研究科提出書類作成指導」の指導申込を受け付けている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2017

文脈から英単語の意味を推測する「技」

 「未知の英単語の意味は文脈から推測しろ」ということがよく言われる。また,このようにして推測した後で辞書で意味を確かめた単語は記憶にも残りやすい。自分の頭で考えたことがらのほうが,ただ与えられた情報よりも記憶に残りやすいというのは,認知心理学も教えているところだ。さらに,意味の推測がある程度ついていれば,英和辞典でなく英英辞典で調べてもピンとくるだろうから,英語力の向上により結びつきやすくなる。実例で解説してみよう。次の引用例の下線部のdearthはどのような意味であろうか。


However, as political scientists Cathy J. Cohen and Michael C. Dawson have pointed out, these informal networks are not available to everyone. African Americans who live in clusters of poverty in American inner cities suffer not only from [A]economic deprivation but also from a dearth of political information and opportunity. (Robert Putnam, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, Amazon Kindle版位置No.6199)

対象の下線部とnot only A but also Bで対比されているのが下線部[A]であるから,対象のdearthと下線部[A]のdeprivationは類義関係にあるのだろうとすぐに推測することができる。この理解をふまえて英英辞典を引くと,たとえばCOBUILDには,If there is a dearth of something, there is not enough of it.とあり,たしかにdeprivationと同様の意味であると納得できるわけである。このように自分で推測して意味をたしかめた語は,ただ単語集で見ただけの単語よりも記憶に残りやすいであろう。このような地道な作業こそが英単語の学習の「王道」なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2017

項構造と形容詞・副詞の解釈

 「項構造」とは,言語学において,動詞が要求する要素の形式と意味の構造のことを言う。たとえば動詞observeは主語として動作主を,目的語として対象を表す名詞をとる,というのが動詞observeの項構造なのである。この動詞observeが名詞や形容詞になると,動作主はby句や所有格,対象はof句で導かれるのがふつうであるが,前置詞句は機能上形容詞・副詞に相当するので,これらの句が形容詞・副詞として実現されることもある。このような例をいっしょに見ていこう。


  1. Churches and other religious organizations have a unique importance in American civic society. America is one of the most religiously observant countries in the contemporary world. (Robert Putnam, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, Amazon Kindle版位置No.996)

  2. American churches over the centuries have been incredibly robust social institutions. Tocqueville himself commented at length on Americans' religiosity. Religious historian Phillip Hammond observes that "ever since the nation's founding, a higher and higher proportion of Americans have affiliated with a church or synagogue―right through the 1950s. Although most often we think of colonists as a deeply religious people, one systematic study of the history of religious observance in America estimates that the rate of formal religious adherence grew steadily from 17 percent in 1776 to 62 percent in 1980. (Robert Putnam, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, Amazon Kindle版位置No.996-1003)


 引用例1.のreligiously observantは[V]observe [O]religionを形容詞化したもので,religiouslyは×「宗教的に」ではなく○「宗教を」ととらえるべきなのである。引用例2.のreligious observanceも同様で,やはりこのreligiousも×「宗教的な」ではなく○「宗教を」ととらえるのが適切なのである。つまり,どちらの場合にも,形容詞・副詞を派生元の名詞に戻したうえで,それらが修飾している形容詞や名詞を派生元の動詞に戻してその項構造と関連づけて解釈する必要があるのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

形容詞・副詞の解釈と連語関係

 名詞から派生する形容詞を「~的な」,副詞を「~的に」と単純に訳す「悪習」が身についている人はかなり多く,標準的な英文和訳の答案などはまさにこれのオンパレードである。しかし,「本当にわかってそう言っているのか」と自問してもわかると思うのだが,これでは正確に内容が理解できているとは言いがたいのである。それではどのように解釈すればよいのか。実例を見ながら解説していこう。


  1. Second, formal "card-carrying" membership may not accurately reflect actual involvement in community activities. An individual who [1]"belongs to" half a dozen community groups may actually be active in none. What really matters from the point of view of social capital and civic engagement is not merely nominal membership. To address these two issues, we need to turn from formal organizational records to social surveys, which can encompass [2]organizational affiliations of all sorts and can distinguish formal membership from actual involvement. (Robert Putnam, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, Amazon Kindle版位置No.875-84)

  2. The beneficial effect of social capital are not limited to deprived communities or to primary and secondary education. Indeed, precisely what many high-achieving suburban school districts have in abundance is social capital, which is educationally more important even than financial capital. (Robert Putnam, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, Amazon Kindle版位置No.5453-61)

  3. An earlier study by Sampson and W. Byron Groves found that organizational participation and social ties did make a difference in reducing crime levels. (Robert Putnam, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, Amazon Kindle版位置No.5591-60)


 1.の引用例の下線部[2]のorganizationalは派生元の名詞organizationに戻したうえで,被修飾名詞のaffiliationとこのorganizationがどのような連語関係にあるかを考えるのが適切である。この際,affiliationがaffiliateの名詞化であることを考え合わせると,affiliate with ~という連語関係に注目することができるので,下線部[2]はaffiliate with an organizationを名詞化したものととらえるのが適切なのである。このことは下線部[1]と[2]の同義性に注目してもわかる。
 引用例2.には形容詞importantが含まれており,importantは「~にとって」という意味を表す要素を前置詞for / toを介してとるから,副詞educationallyはfor / to educationと解釈することができるのである。
 引用例3.はparticipationが動詞participateの名詞化で,participateは連語関係上inの句を要求するから,この引用例の下線部はparticipate in an organizationの名詞化であるととらえればよいわけである。
 つまり,引用例1.の下線部は×「組織的所属」ではなく○「組織に属していること」,引用例2.の下線部は×「教育的により重要な」ではなく○「教育にとってより重要な」,引用例3.の下線部は×「組織的参加」ではなく○「組織に加入すること」と解するべきなのである。いずれの例についても,妥当な解釈と妥当ではない解釈とを比較してみると違いがよくわかるであろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2017

形容詞noの解釈―辞書に書いてあること

 辞書の引きかたがきちんと身についていない人は意外に多い。ただ「訳語を調べる」だけの人が多いのだ。しかし,このブログでも再三指摘しているとおり,辞書を引く場合には用法記述なども見ながら語義を検討していく必要があるのだ。そのような検討が必要な例を,形容詞noの解釈についてみていこう。まず,以下の2つの文を比較してほしい。


  1. I was assigned no easy task.
  2. That was no easy task.(『ルミナス英和辞典』)


1.は存在の否定で,「私に割り当てられた仕事で簡単なものはなかった」と解釈すればよい。これは特に問題ないであろう。やっかいなのは2.である。2.のno easy taskは補語になっている。この点に注目しながら辞書の語法記述を見てみると,たとえば『ルミナス』には「[be動詞の補語または形容詞の前につけて]」という注記のある語義があり,「 [しばしば誇張] 決して…でない,とても…などではない」という意味が挙がっている。2.はこの意味で解釈すべきなので,「それは単純な仕事などではけっしてなかった」という否定の強調としてとらえなければならないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2017

内容をきちんと考える英文読解―mental surveyとはどういうことか?

 次の引用例の下線部がどのような意味であるか,よくわかるように訳すにはどうとらえればよいか考えてみてほしい。


Even though Annie's demonstrates many of these characteristics, I knew we had to do more than know people, or to make them laugh when they drove by our store. I started asking myself, "What is it most of us need? What are we all longing for?" I did a mental survey of the people I know. Most are working hard and have too little time to relax. Most have enough money and are comfortable physically. But many are taking antidepressants or herbal stress remedies. Most complain that they don't have enough time to be with themselves, or with the people who mean the most to them. As I thought about these people in these situations, I wondered how Annie's might reduce the strains in their lives. (Ray Oldenburg (ed.), Celebrating the Third Place: Inspiring Stories about the "Great Good Places" at the Heart of Our Communities, Amazon Kindle版位置No.316)

通り一遍の訳語で「精神的な調査をする」などと解釈しても,この引用例の下線部がきちんとわかったことにはならない。mentalを英英辞典で引くと,たとえばCOBUILDには,A mental act is one that involves only thinking and not physical action.とある。つまり,実際に尋ねてみるのではなく想像の中で尋ねてみることをいっているのである。また,surveyも引いてみると,こちらはIf you carry out a survey, you try to find out detailed information about a lot of different people or things, usually by asking people a series of questions.となっている。この定義のquestionsを見たときに,引用例の下線部を含む文の前に"What is it most of us need? What are we all longing for?"という疑問が示されているから,この質問を頭のなかで常連客に質問してみるところを想像して答えを考える,と言っているのだと判断できるのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

narrowの意味―訳語に頼らず正確に理解することの大切さ

 「narrow=狭い」だと直訳的に理解していると問題が生じることについては,すでにいろいろと指摘がある。今回,特に誤解しやすいと思われる実例に出会ったので,紹介のうえ解説しておきたい。


Fred's place was a small restaurant on Third Street next door to Creech's Drugstore and Stallings' Jewelry in Smithfield, a rural tobacco town. Fred's was narrow and long, about fifteen by forty feet. It was poorly lit. A long bar stretched the length of the room. Small cafe tables lined the left wall. Fred worked alone behind the bar on the right. (Ray Oldernburg (ed.), Celebrating the Third Place: Inspiring Stories about the "Great Good Places" at the Heart of Our Communities, Amazon Kindle版位置No.190)

聞いたことがある人も多いと思うが,日本語の「狭い部屋」に対応する英語は×narrow roomではなく○small roomである。英和辞典を見ても,narrowは「幅が狭い」という意味であるときちんと書いてある。上の引用例のフレッドの店はa small restaurantとあるので日本語でも「狭い店」と考えてもよさそうにも思えるかもしれないが,下線部のnarrowは「間口の狭い」と考えなければならない。だからこそわざわざその後にabout fifteen by forty feetと縦・横の長さを断っているのである。英英辞典を見ても,たとえばCambridge Advanced Learner's Dictionaryでは,having a small distance from one side to the other, especially in comparison with the lengthと定義してある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2017

more or lessの解釈―成句でない場合

 成句のmore or lessを「多かれ少なかれ」と解釈することの問題点については,すでにこのブログでも何度か指摘している。さらにやっかいなのは,more or lessが成句ではなく,優等比較と劣等比較の等位接続になっている場合である。実例を紹介しよう。


What exactly is g? It's not known. People suggest it might be related to the speed or the capacity of working memory, or even that it's a reflection of how quickly the neurons in our brains can fire. Knowing what underlies g is not important to our purposes. We know that having a lot of g predicts that we will do well in school and well in the workplace. Even though most researchers don't think that g is the whole story when it comes to intelligence (as should be obvious from Figure 2), researchers often refer to g when considering why some people are quite intelligent and others less so. Now that we better understand what intelligence is, we can turn our attention to the next question: What makes people more or less intelligence (Daniel Williingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scientist Answers Questions about How the Mind Works and What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版位置No.2855-9)

上の引用例の下線部のmore or lessは成句ではなく,したがって「かなり頭がよい」という意味ではない。more intelligentという優等比較とless intelligentという劣等比較が等位接続されており,「頭の良し悪しの差がある」という意味なのである。これは形式的には解決できない問題で,意味・内容を自分なりに考えながら読み進めていないと正しい理解にはたどりつけないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

mixedの解釈―単に「混ぜられた」ではなく

 「語義を精密に検討する―mixed successとは?」という記事では,mixedの語義を辞書の記述を参考に精密に検討する過程について解説した。このmixedが今回は補語になっている例を紹介しよう。


I've gone into a lot of detail about the visual-auditory-kinesthetic theory because it is so widely believed, even though psychologists know that the theory is not right. What I have said about this theory goes for all of the other cognitive styles theories as well. The best you can say about any of them is that the evidence is mixed. (Daniel Willingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scietist Answers Questions about How the Mind Works And What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版位置No.2613)

 先に言及した記事で検討した内容によれば,the evidence is mixedとは,「関連する証拠にはこの節を裏づけるものもそうでないものもある」と言っているとわかるわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«程度を強く限定して示すso―辞書の記述をめぐって