March 24, 2017

more or lessの解釈―成句でない場合

 成句のmore or lessを「多かれ少なかれ」と解釈することの問題点については,すでにこのブログでも何度か指摘している。さらにやっかいなのは,more or lessが成句ではなく,優等比較と劣等比較の等位接続になっている場合である。実例を紹介しよう。


What exactly is g? It's not known. People suggest it might be related to the speed or the capacity of working memory, or even that it's a reflection of how quickly the neurons in our brains can fire. Knowing what underlies g is not important to our purposes. We know that having a lot of g predicts that we will do well in school and well in the workplace. Even though most researchers don't think that g is the whole story when it comes to intelligence (as should be obvious from Figure 2), researchers often refer to g when considering why some people are quite intelligent and others less so. Now that we better understand what intelligence is, we can turn our attention to the next question: What makes people more or less intelligence (Daniel Williingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scientist Answers Questions about How the Mind Works and What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版位置No.2855-9)

上の引用例の下線部のmore or lessは成句ではなく,したがって「かなり頭がよい」という意味ではない。more intelligentという優等比較とless intelligentという劣等比較が等位接続されており,「頭の良し悪しの差がある」という意味なのである。これは形式的には解決できない問題で,意味・内容を自分なりに考えながら読み進めていないと正しい理解にはたどりつけないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

mixedの解釈―単に「混ぜられた」ではなく

 「語義を精密に検討する―mixed successとは?」という記事では,mixedの語義を辞書の記述を参考に精密に検討する過程について解説した。このmixedが今回は補語になっている例を紹介しよう。


I've gone into a lot of detail about the visual-auditory-kinesthetic theory because it is so widely believed, even though psychologists know that the theory is not right. What I have said about this theory goes for all of the other cognitive styles theories as well. The best you can say about any of them is that the evidence is mixed. (Daniel Willingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scietist Answers Questions about How the Mind Works And What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版位置No.2613)

 先に言及した記事で検討した内容によれば,the evidence is mixedとは,「関連する証拠にはこの節を裏づけるものもそうでないものもある」と言っているとわかるわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2017

程度を強く限定して示すso―辞書の記述をめぐって

 まずは以下の引用例の下線部の意味を考えてみてほしい。


To review, I've said that working memory is the place in the mind where thinking happens―where we bring together ideas and transform them into something new. The difficulty is that there is only so much room in working memory, and if we try to put too much stuff in there, we get mixed up and lose the thread of the problem we were trying to solve, or the story we were trying to follow, or the factors we were trying to weigh in making a complex decision. (Daniel Willingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scientist Answers Questions about How the Mind Works And What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版位置No.1918)

下線部は「ワーキングメモリの容量はかぎられている」という意味であるが,初学者はsoを強調ととらえて「ワーキングメモリの容量はたいへん大きい」と誤読してしまうことが多い。しかし,辞書の記述からこの正確な理解にたどり着くのは意外にやっかいそうなのである。というのも,ほとんどの辞書はso many / so muchを成句扱いにしているからだ。たとえば『ルミナス』では,manyの成句にso manyが挙がっており,その2番目の意味として「ある一定数」があって,We can make only so many an hour.「1時間にはある一定の数しかできない」という用例が挙がっている。so muchはmuchの成句として扱われていて,この2つの間の関連は示されていない。
 しかし,soは強調ではなく程度限定がその本務であるから,その意味がさらにonlyで限定される場合には特に,強い程度限定と解釈すべきなのである。記述は難しいかもしれないが,成句として扱って「逃げる」のではなく,正面からきちんと取り組んで記述してほしいものだと思う。
 なお,このような場合には特に,紙の辞書よりも電子辞書のほう扱いやすい。というのは,例文検索という方法が使えるからだ。例文検索で「only&so&many」あるいは「only&so&much」を検索すれば,関連する例文にうまくたどり着くことができる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最大の敵は自分自身

 大学院に進むというのは,金銭・労力・キャリアへの影響などの点で重大な決断を要することである。けっしてこの決断はけっして軽いものではないだろう。しかし,院試塾の受講相談などに対応していると,大学院進学の最大の障害は自分自身であると感じることがある。つまり,「決められない」「一歩を踏み出せない」自分こそが大学院進学の最大の「敵」なのである。何かをしない理由などというのは,その気になればいくらでも見つかる。そうやってこれまで決断できずに来ているわけである。また,学問が生活の一部になっていない人にとっては,大学院入試はそれなりにたいへんなことである。そのための準備学習も相当念入りにする必要がある。特に,学生時代から英語が苦手だという人が,大学院入試レベルの英文読解力を身につけるというのは相当たいへんで,覚悟が必要なのである。「研究」について今まで考えたことがないという人が研究計画書を書くというのもたいへんなことである。迷っている時間などないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2017

文法知識を正確な読解に活かす―oneの代用できる名詞

 大学入試英文法の必修ポイントに「oneは不可算名詞を代用できない」というのがある。たとえば『ロイヤル英文法』(§98)にも,修飾語がついてもoneは不可算名詞を指すことができないという趣旨の記述があり,*He likes white wine better than red one.が誤りで,正しくはHe likes white wine better than red (wine).としなければならないという例が挙がっている。この知識は実は文を作る場合だけではなく,理解する場合にも正確にふまえるべきものである。次の例を見てほしい。


This example can help us understand why all students might not get deep knowledge. The target knowledge―that groups of people need rules―is pretty abstract. It would appear, then, that the right strategy would be to teach that concept directly. But I said before that students don't understand abstractions easily or quickly. They need examples. That's why it would be useful to use the examples of the classroom rules. In fact, a student might be able to say, "When people come together in a group, they usually need some rules," but if the student doesn't understand how a classroom, a family, and a community all exemplify that principle, he doesn't really get it. Thus deep knowledge means understanding everything―both the abstraction and the examples, and how they fit together. So, it is much easier to understand why most students have shallow knowledge, at least when they begin to study a new topic. Deep knowledge is harder to obtain than shallow. (Daniel Willingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scientist Answers Questions about How the Mind Works And What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版位置No.-1641-7)

下線部のshallowは実はshallow knowledgeなのである。上で紹介した文法規則に関する知識をここで正確に運用することができなければ,shallowが実はshallow knowledgeであるということを見ぬけず,正確な理解に到達できない可能性があるのだ。文法規則は単に「文法問題」を解く際にだけ使えるものではないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2017

socialの解釈―social reasonは「社会的理由」ではない?

 socialを「社会的な」と解釈するのが適切ではない場合もあることは,これまでにもこのブログで何度も解説してきた。今回もそのような事例を紹介しておこう。


Let's turn now to the question that opened this chapter: Why don't students like school, or perhaps more realistically, why don't more of them like it? Any teacher knows that there are lots of reasons that a student might or might not enjoy school. (My wife loved it, but primarily for social reasons.) (Daniel Willingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scientist Answers Questions about How the Mind Works and What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版396-406)

下線部のsocial reasonsを「社会的理由」と解釈して,このカッコ書き部分の1文を「つまりが学校が好きだったのは主に社会的理由からだった」としてみても意味不明である。これは「友だちがいるという理由」と解釈すべきなのである。Cambrige Advanced Learner's Dictionaryを見ると,socialをrelating to activities in which you meet and spend time with other people and which happen during the time when you are not workingと定義している。これを見ても,「social=社会的な」というとらえかたには問題があることに気づくのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2017

mindは「こころ」ではない!―「頭脳」と解釈しよう

 mindを「こころ,精神」と訳すというのはもはや「常識」の部類なのかもしれないが,この「常識」が英文の内容を正確に理解する妨げとなる場合もあるのではないかと思われる場合を紹介しよう。この事例では,そのように訳すとbrainとの文脈上のつながりが見えなくなってしまいかねないのである。


Arguably the greatest mysteries in the universe lie in the three pound mass of cells, approximately he consistency of oatmeal, that reside in the skull of each of us. It has even been suggested that the brain is so complex that our species is smart enough to fathom everything except what makes us so smart; that is, the brain is so cunningly designed for intelligence that it is too stupid to understand itself. We now know that is not true. The mind is at last yielding its secrets to persistent scientific investigation. We have learned more about how the mind works in the last twenty-five years than we did in the previous twenty-five hundred. (Daniel Willingham, Why Don't Students Like School?: A Cognitive Scientist Answers Questions about How the Mind Works and What It Means for the Classroom, Amazon Kindle版位置No.115)

文脈の流れの中で見ればわかることだが,the mindとthe brainはこの文章では言い換え関係になっている。英和辞典を見ても,「頭,頭脳」といった訳語を挙げているものがかなりある。きちんと辞書を見れば適切な理解にたどりつけるわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2017

直訳しても意味不明(2)―「一般的露出」は何の訳?

 「直訳しても意味不明―『社会的大災害』は何の訳?」という記事では,一般的によく知られている訳語を組み合わせて直訳しても,内容理解にはつながらない例を紹介・解説した。今回もそのような例を見ていこう。


When I took on the role of president of Starbucks International, what the heck did I know about being president of an international company? Nothing. I had traveled overseas in the furniture business, so I had some general exposure to doing business in foreign markets. I knew about what had and hadn't worked at Starbucks. But I had no idea what would or wouldn't work in a Starbucks in the Philippines, in Korea, or even in the UK. I had to listen and learn from our operating partners. As a team, we had to learn and adapt while staying true to our hat. (Howard Behar, It's Not About the Coffee: Leadership Principles from a Life at Starbucks, Amazon Kindle版位置No.1947-50)

上の引用例のgeneral exposureを「一般的露出」などと直訳してもまったく意味不明である(しかし,英文読解を指導しているとこういう訳にはよく出会うのである)。まずはexposureの意味をたしかめることにしよう。Cambridge Advanced Learner's Dictionaryを見ると,exposureにEXPERIENCEの意味があり,when someone experiences something or is affected by it because they are in a particular situation or placeと定義してある。なおかつ,引用例中で下線を施した箇所に注目しながら文脈の流れを確認すると,このexposureは「経験からえた知識」といった意味ではないかと考えることができる。この関連でgeneralの意味を考えてみると,やはりCambridge Advanced Learner's Dictionaryにnot detailed, but including the most basic or necessary informationという語義があり,これらの検討結果からgeneral exposureは「経験からばくぜんとはわかっていた」という意味であろうと考えることができるのである。この理解と「一般的露出」とでは,まさに「雲泥の差」であり,どちらがより「わかっている」人の訳であるかは論をまたないであろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

語義を精密に検討する―mixed successとは?

 動詞mixがどのような意味であるかは,英語を少し学んだことのある人ならば知っているであろう。また,これが過去分詞mixed担った場合にどのような意味を表すかも難なく理解できるはずである。しかし,以下の引用例のmixed successの意味を正確に理解できる人はそう多くないと思われる。


Similarly, in Russia a drastic turn of events has led to many smaller faiths being banned or otherwise persecuted by the government. This campaign, which is in sharp contrast to the euphoria over new found religious freedoms of the early 1990s in Russia, and is apparently being informally coordinated by functionaries of the Russian Orthodox Church and conservative political forces in Russia, with the open involvement of Western anti-cult organizations and people. The effort to exert control over newer faiths has often involved the Russian legal system, but with mixed success (James Lewis (ed.) Violence and New Religious Movements, Amazon Kindle版位置No.1068-74)

この下線部を「混ざった成功」などと解釈してみても,まったくわけがわからない。しかし,辞書の記述をしっかり検討してよく考えれば,正確な理解にたどりつけるのである。まずはこのような場合,mixedに何か特別な意味があるのではないか,と考えて,mixではなくmixedを辞書で引いてみるのが適切である。そうすると,たとえば『ルミナス』には「(反応・感情などが)相反する要素の入り混じった,両面のある」という語義が挙がっており,mixed reviews「賛否入り混じった批評」,あるいはI have mixed feelings [emotions] about my daughter's marriage.「娘の結婚に対しては(うれしいやら悲しいやら)複雑な気持ちだ」という用例が添えられている。これを見ると,上の引用例のmixed successは「うまく行ったり行かなかったりしている」という意味なのだろうと考えることができる。
 さらに,『英和活用大辞典』の用例を見ていくと,a mixed compliment「しんらつな面もある賛辞」がcomplimentの用例として挙がっている(こういう用例を見つけるためには,紙の辞書よりも電子辞書のほうが便利である)。まさに「賛辞」に「しんらつな面」という,相反する要素が入り交じっているわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2017

時制の解釈―英文法の基本ルールとの関連で考える

 「時・条件の副詞節中では,未来の内容を表す場合でもwill / be going toの形は用いずに現在時制で表す」というのは,高校英文法を学んだ経験のある人なら聞いたことのあるはずのルールで,大学入試問題でもよく採りあげられるポイントである。しかし,次のような場合にこのルールを思い浮かべる人は多くないだろう。


I made plans to meet again with my children later that night when I got off work. (Michael Gates Gill, How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else, Amazon Kindle版位置No.2931)

下線部のgotは実は上のルールの「現在時制」が「過去時制」に変わっているだけで,つまりは過去に実現したとこを表しているわけではなく,I made plans ...の時点から見て未来の内容なのだが,would / was going toという「過去から見た未来」を表す形を使っていないだけのことなのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«直訳しても意味不明―「社会的大災害」は何の訳?